家事代行業者の中には掃除をメインにしたサービスがある

二人の男性

便利なサービス

作業員

その歴史について少しご紹介します。

粗大ゴミ回収が行われるようになったのは、1980年代ごろです、このころはごみの問題が深刻化し、不法に投棄するなどの問題が社会問題化しました。さらに、90年代では市区町村の自治体以外の業者が回収したごみを、山林や谷に投棄するという問題がでてきて、2000年代には粗大ゴミ回収の地方それぞれの条例などが可決し成立していったという歴史があります。 またマスコミの報道のおかげで、不法投棄に関心がいき、みんながルールやマナーを守ってゴミを出し、粗大ゴミ回収が円滑に進み出しているのが現状です。 しかしながら、地方、地方それぞれ出し方が違うため、誤解や思い込みがもとで、粗大ゴミ回収の日に出さなかったり、有料であることをしらなかったりする人がいるという問題があるので、今後はそれを統一していく動きがあります。

これから粗大ごみ回収は有料化がすすむでしょう。

今後は、粗大ゴミ回収はさらに有料化がすすむことでしょう。自治体によってごみの有料、無料はかなり違ってきますし、その出し方や、回収方法、出せる頻度もかなり違います。 しかし全国的な傾向をみていきますと、粗大ゴミ回収にはお金がかかります。東京都内渋谷区の例ですと、出せる日にちは毎月1回、マンションなどの専用の置き場においておけば回収してくれ、その値段はたとえば、普通のイスであれば300円程度です。この渋谷区は大きさによって値段が違い、スチールロッカーであれば1000円程度のお金がかかります。この有料化は今後も全国ですすみ、また金額も高くなる傾向にあります。 お金の支払いかたも色々で、渋谷区の場合ですとコンビニエンスストアで支払うことができます。